パーソナルカラー診断・骨格診断ならイメージコンサルティングサロンcarat

パーソナルカラー診断・骨格診断であなたの魅力を最大限に引き出すお手伝い

ホームOfficial ブログ ≫ 結婚式に招待されたら「何色のドレス」着ようかな? ≫

結婚式に招待されたら「何色のドレス」着ようかな?

image0_コピー
いつもブログをご覧下さり有難うございます!イメージコンサルタントの中許 実可子です。東京・杉並で【パーソナルカラー/骨格診断/メイクレッスン/同行ショッピング】を行っています!


気候の良い今シーズンは結婚式も増えてくる季節ですね!
私も今月の頭に結婚式と披露宴にお招きされ椿山荘へ行ってきました♪
image3-143_コピー


なんと、挙式と披露宴の間に雲海を見ることもできました!
image1-245_コピー

image5-79_コピー

こんな遊びもしたりして・・・(笑)



結婚式の参列ってワクワクするしとっても楽しみなのですが、「どんな装いで参加したら良いのか迷っている」、「いつも同じドレスを着まわしていてマンネリ気味」・・・といったお悩みはないですか?
image0_コピー


ゲストとしての参加でも
「せっかくヘアセットやドレスアップするので美しく写真に残りたい」「久しぶりに仲良しの友人が集まる場だからおしゃれに見せたい!」という願望もあるかもしれませんね!



今回は「結婚式や披露宴で何を着たら良いのか分からない」「気負わず素敵にドレスアップしたい」というあなたに、パーソナルカラー診断を行うイメージコンサルトの視点から見た「あなたに似合うドレスの色」「色彩心理を用いたイメージ演出」「ドレスアップの際に気をつけたいマナー」3点をお伝えしていきますね。お招きドレス選びの際にこの3点を守ると「そのドレス素敵だね!」「なんだか痩せた?髪質良くなった?」とまで言われます。(中許体験談)それだけ他者目線から自分が「自然に素敵に映る」ということ!

ぜひお試しください♪


 


⒈あなたに似合うドレスの色

私が考える「似合う」というのは「モノ」を身につけた際に、その人の体型をスタイルアップして見せられた事、その人らしい表情や雰囲気を自然に引き出せるという事だと考えています。


その似合うを叶える一歩として自分に似合う色パーソナルカラーから知る事がオススメです。というのも、素敵な衣装を選べるようになるための1つの要素となるからです。



パーソナルカラーとは?詳しくはこちら
パーソナルカラー診断| carat(カラット)_コピー


あなたが最も綺麗に見える色でもありながら「こういう風に見られたい」を意図的に叶えられればいいこと尽くし!そして結婚式は1年を通して行われるイベントなのでその季節に合わせたドレスアップが出来たら「お洒落だな」「季節感まで配慮してるんだな」と周りからも一目置かれることでしょう♪そういった地道な部分の気遣いからセンスは磨かれていきますよ♪




次に、⒉色彩心理を用いたイメージ演出と合わせながら季節毎にどんな色のドレスを着れば素敵になるのかをパーソナルカラータイプ別に見ていきましょう!
 

パーソナルカラースプリングタイプに似合うドレス例

春:ピーチピンク
Image-6_コピー
出典:ONLINE STORE|GRACE CONTINENTAL より

ピンクには幸福感が増して見える効果があります。長い冬が終わって日差しが暖かくなっていく春は新しい事がたくさん始まる季節!気持ちが明るくなっていく春にはピンクのドレスがぴったりです♪


夏:ライトグリーン
image2-187_コピー

出典:ワンピース/ドレス|GHOSPELLより

には爽やかな印象を与える効果があります。スプリングタイプは可愛く幼く見える事が多いですが、暑い夏には涼しげな印象でいつもと違う雰囲気を演出してみてはいかがでしょうか?若々しくフレッシュなイメージも表現することが出来ますよ!


秋:キャメル
image4-116_コピー

出典:ONLINE STORE|GRACE CONTINENTAL より
茶系の色には落ち着いた印象を与える効果があります。季節的にも重厚感のある色が増えてくる秋なので、いつもより少し大人のイメージで。茶色は似合わない色味だと老けて見えやすい色なのですが、パーソナルカラーを知る事でどんな茶色が自分を綺麗に見せてくれるのかが分かります。


冬:朱赤

image3-144_コピー
出典:BARNEYSNEWYORK公式通販より
空気が澄んだ冬にはドラマティックなカラーがとても馴染みます。12月ごろの式だとクリスマスカラーを意識して鮮やかな赤のドレスで参加するのも素敵。能動的でアクティブに見せてくれる効果があるのがのパワー。スプリングタイプはオレンジっぽさを感じさせる鳥居のような赤が得意ですよ!

 


パーソナルカラーサマータイプに似合うドレス例

春:パウダーピンク
Image-5_コピー

出典:ONLINE STORE|GRACE CONTINENTAL より
春といえば桜!というくらい春の印象が強い色。ひな祭りなどもピンクの印象が強く、春にはやっぱりピンク♪サマータイプを一層美しく引き立たせてくれるのが桜の花びらのような青みを含むピンクです。ベビーピンクと呼ばれることも。


夏:スカイブルー
Image-10_コピー
出典:ONLINE STORE|GRACE CONTINENTAL より
サマータイプが得意な色は紫陽花のような青や紫。スカイブルーもまさしく紫陽花のような青です。日本の夏は湿度が高くじめじめした気候ですが、しっとり涼しげに見えるブルーのドレスで爽やかな風を吹かせましょう♪知性的な印象も作ることが出来ますよ!


秋:ココアブラウン
Image-3_コピー

出典:ONLINE STORE|GRACE CONTINENTAL より
ブラウンが苦手とされるブルーベースではありますが、サマータイプはピュアココア(砂糖を含んでいないヴァンホーテンのココアパウダーをイメージしてみて下さい)のような赤みを感じる茶色が得意なんです。秋っぽくてお洒落度UPも間違いなしです!


冬:プラム
Image-2_コピー

出典:ONLINE STORE|GRACE CONTINENTAL よ
普段は柔らかい色合いが得意なサマータイプですが、冬はイルミネーションの煌びやかさに負けないようにディープなカラーは如何でしょうか?赤紫には女性らしさを感じさせる効果があります。ピンクとはまた違った女性らしさで可愛いというよりも大人っぽくセクシーな印象に。赤みを含む紫のドレスに薄いグレーの小物なんて合わせると冬のシーンにぴったりで素敵♡


 

パーソナルカラーオータムタイプに似合うドレス例

春:アプリコットピンク
image0-2_コピー
出典:USAGI ONLINE CELFORDドレスより
心踊る春にはやっぱり優しい気持ちになるピンク♪たくさんある色の中でも女性らしさを最も引き出してくれる色です。オータムさんはピンクが苦手と感じる方が多いですが、サーモンのようなオレンジ寄りのピンクを選んであげる事がお肌を綺麗に見せるコツです!


夏:ターコイズグリーン
image2-188_コピー

出典:USAGI ONLINE より
エスニックの様な、和風の様な、深い色が得意なオータムタイプですが、暑い夏には黄色っぽいグリーンなんて如何でしょう?ピーコックグリーンとも呼ばれる様な孔雀の羽の色。海のグラデーションの様にも見える青と緑の中間の色。爽やかな中に大人っぽさも演出できるカラーです。緑は安定感を醸し出す色です。


秋:マスタードイエロー
image1-247_コピー

出典:USAGI ONLINEより
季節的な秋色とオータムタイプが得意な色がマッチして似合う色が自然にどんな場面でも素敵に見える秋!銀杏の様なコックリとしたイエローやゴールドなど黄色系は秋のドレスアップに是非オススメしたいカラーです。黄色には知性を感じさせる効果もあるんです!


冬:ディープバイオレット
Image-8_コピー

はセンスUPに見せてくれる色。精神や肉体の疲れも取り除いてくれる効果がある色です。(ラベンダーとかも紫ですね)ディープな紫を身につけるときに紫が際立つ様にあえてシルバー(イエローベースなので本当はゴールド系の方が得意)アクセサリーと組み合わせるのもオススメです。


パーソナルカラーウィンタータイプに似合うドレス例

春:アイシーイエロー
Image-7_コピー

出典:ドレス・パーティ|CELFORDより
ウィンタータイプは原色の様なパキッとしたカラーに得意な色が多いのですが、実は薄くて涼しげなカラーもあるのです!ポイントは濁り感がなく澄んだ色になります。イースターを想像させる様なイエローは春の季節にピッタリ!この時も黄色はクリアで薄いカラーに。柔らかい印象にもなりますよ♪


夏:ロイヤルブルー
Image-9_コピー

出典:ONLINE STORE|GRACE CONTINENTAL より
上品さを感じさせるは夏のお招きにぴったりの色!圧倒的に好感度が高い色は青となります。また、青は誠実さや落ち着いた印象にもなるので、親族の結婚式にも良いですね♪ダイヤやパール、シルバーアクセサリーと合わせて清涼感を♪ここでは発色の良いロイヤルブルーを例に挙げましたが、アイシーブルーの様な淡く冷たさを感じる水色も良いですよ!


秋:エメラルドグリーン
Image-1_コピー

出典:ONLINE STORE|GRACE CONTINENTAL より
秋シーズンはカーキやモスグリーンを多く見かけますが、ウィンタータイプが得意な宝石のエメラルドの様な色味です。ウィンタータイプのカラーは一見華やかなものが多いですが、グリーンをうまく使うとリラックスした雰囲気に。バランス感覚がある様に見せられたり、安定感、調整役といった印象にもなりやすいのがグリーンです。


冬:マゼンダピンク
Image-4_コピー

出典:ONLINE STORE|GRACE CONTINENTAL より
冬はクリスマスやお正月など華やかな行事が多く、季節に馴染む色も鮮やかなカラーになってきます。そんな冬にオススメしたいのは青みを含む濃く発色の良いピンク!このピンクはウィンタータイプだからこそ似合う色になりますよ!華やかなカラーで出席する結婚式や披露宴は花嫁様にも喜んで頂ける事間違いなしです♪




《自分が素敵に見えて、季節感も楽しみやすいドレスのカラー》をお伝えしてきました。
華やかで美しい色に身を包むのはいいけれど、結婚式・披露宴に出席する場合のマナーは守りましょう!



昔ほど堅苦しくないスタイルが多い最近の結婚式。女性のパンツスタイルなどは略礼装なので一昔前だとあまり見かけなかった様ですが、最近はセットアップでパンツスタイルを楽しむゲストがいらっしゃったりもしますよね。きちんと品を抑えればパンツスタイルも良しとされてきました。この様に結婚式の様子も時代によって変わっていきます。



ガチガチにドレスコードを守ると古くさくなることもありますが、やはり最低限気をつけるポイントは押さえておきましょう!
この様な基本的なルールを守れるだけで「品のある人だ」「常識があり、配慮できる人だ」という印象を自然に醸し出すことが出来ます。どんな時も新郎新婦をお祝いする気持ちを忘れずに。


最後に
⒊ドレスアップの際に気をつけたいマナー3点お話しします。


 

ホワイトとブラックのドレスには気をつけて

●足元にも気を配って

●時計はつけない方がベター



●ホワイトとブラックのドレス

白のドレスは紛れもなく花嫁様のもの。花嫁様が白のドレスからお色直しをするのは清く真っさらな状態から嫁ぎ先の色に染まっていくという意味合いもあるのです。ですから花嫁様の白いウェデイングドレスや白無垢と被ってしまうドレスは避けましょう!極薄いピンクやグレーなど白っぽく見えるドレスの場合は羽織ものをしっかりとした発色のものにするなど、白っぽい姿に見せない様に心掛けてください。


ブラックドレスも注意が必要です。全身をブラックでまとめてしまうと、「喪服」の様に見えてしまうことも。黒いストッキングも同様となりますのでベージュのストッキングを着用しましょう!黒いドレスを着用する際にはしっかりとヘアアレンジしたり、メイクでお顔を華やかにしたりおめでたい席に参加するに相応しい装いを全体バランスで作っていきましょうね。



●足元に気を配る

 
結婚式の場でヒョウ柄のパンプスやつま先のあいている靴はマナーとしてはNG!ヒョウ柄は生き物の「殺生」を連想させるので身につけない様にするのが安心です。また、オープントゥと呼ばれるつま先があいたパンプスは「妻が先に出る=妻が先立つ(逝く)」ことを連想させるとして結婚式の場では相応しくありません。本来つま先があいていてペディキュアを楽しんだりもする靴ですのでそもそもストッキングとの相性がよくない事もあり、やはり結婚式には不向きの靴となります。寒い季節はブーツが恋しいですがこちらもマナー違反。履き替える前提でブーツで会場近くまで向かいフルフィットタイプのパンプスに履き替えての参列が安心ですよ。

IMG_0262_コピー


●時計はつけない方がベター


時計は時間を気にしてしまう様な意味合いから結婚式ではつけていかない方がベターです。ただし、どうしても必要な場合はブレスレットウォッチの様なアクセサリー感の強い時計をつける様にするのがいいですよ!

image0-3_コピー
 



皆様もお招きされたら楽しくドレスアップをしてお出かけ致しましょう☆ご友人や大切な方を祝福する立場として、印象の良い上品な装いをされることが大切ですね。自分の見え方を客観的に理解しながら、出席する人との関係性や季節感など配慮しつつ、周りともうまく同調していくのがセンスアップに繋がります♪自分に似合うアイテムを身につけることはもちろん良いことですが、
 

皆様も一生に一度の花嫁様の晴れの日に寄り添うドレスアップ姿、磨いてみませんか♪


FA946E88-07B1-48EC-BCEA-3753EAE61515-C7FFB9BB-CC6D-45AE-AD80-E3F35B48AB8A_コピー

2020年11月09日 11:00

コメント一覧

  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年11月10日 06:41
  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年11月22日 00:37
  • 【このコメントは承認待ちです】

    2020年11月22日 00:37

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文