パーソナルカラー診断・骨格診断ならイメージコンサルティングサロンcarat

パーソナルカラー診断・骨格診断であなたの魅力を最大限に引き出すお手伝い

ホームOfficial ブログ ≫ イエベ春でもオレンジが苦手な人はいらっしゃいますか? ≫

イエベ春でもオレンジが苦手な人はいらっしゃいますか?

image5-56_コピー
こんにちは!中許です。

今日は”パーソナルカラーのセカンドタイプ”についてお話しできたらと思います。

パーソナルカラーの診断結果がイエローベースのスプリングタイプさんはあまり青みの色は得意でないっていうけれど、明るく薄めの青みピンクとかだったら身につけてもそこまで違和感ないなー。という事ありませんか?

 

例えばピンクで。

image1-149_コピー

 

このくらいの明るさだと、ブルーベースの青みピンク(左)でもイエローベースの黄みピンク(右)でも似合ってる感じがしたりしませんか?

 

ところが、イエローベース・スプリングタイプだったらでオレンジが似合うはず?なのにイマイチ似合う感じがしない。特にオレンジが口紅の色になると苦手度が増したりしませんか?お肌が黄色っぽく見えたり…

 

このような方はパーソナルカラーのファーストタイプがスプリングセカンドタイプがブルーベースサマーの可能性があります。(私もこのタイプ!)

 

このタイプの方は明るく軽やかな色が得意な方が多いのでブルーベースの色だとしてもサマーが得意とされるエレガントな薄紫ラズベリーの様な赤も比較的似合って見える人もいるのです。
image3-100_コピー image2-117_コピー

 

セカンドがサマーのスプリングさんには一見ファーストがサマーんの様に見える方も沢山います。私も初めてパーソナルカラー診断を受けた時にはサマータイプと診断されました。その他にも色の仕事を17年しているベテランのカラーリストさんにも「サマータイプかな?」と言われたこともあります。

 

私もそうですが、そのように見える方の代表的な例としては肌の色が白くてピンクっぽい方というのが挙げられます。この肌がピンクっぽいセカンドがサマーさんはファンデーションもピンクっぽいものが似合います。

 

イローベースだからといってファンデーションも黄味の強い色にしてしまうとくすんで見えたりするのです。ファンデーションの色はご自身の肌が黄色っぽいのかorピンクっぽいのかで選んだ方が自然だし透明感も上がります。

 

セカンドサマーのスプリングさんは色を実際に沢山当てていくと黄身がかった色の方が似合いやすい事が分かるのですが、サマーカラーも結構似合うというのが分かりますので、ブルベの色だとしても似合う色は是非、日常に取り入れてみてください。きっと服、色を選ぶ幅も広がりますよ。

 

 

先日、セカンドサマーのスプリングさんのコスメ選びに同行しましたが、やはりオレンジの口紅は似合いにくいタイプの方でした。

image5-56_コピー image1-150_コピー

 

購入したのは「ランコムのラプソリュルージュS/C/R/M/DM」60色ものカラーがあり、つけ心地と発色も5通り!

Sがシアータイプ。オイルがふんだんに使われているので潤いがますしつけ心地が軽〜いです。唇の色が透けるような発色。このシアーな感じはスプリングさんが得意です。

Cはクリームタイプ。唇の温度で口紅が柔らかく溶けるようなイメージで濁色が得意なサマーさんやオータムさんが得意とする質感のよう。サマー&オータムはあまりテカっと光るような発色よりも柔らかく発色する方が基本的には得意です。

Rはルビーですって。口紅の形がジュエリーみたいにカッティングされているそう。この形によって何か特別に利点があるのかはわかりません(聞きそびれました)クリーミーなつけ心地でパキッとした発色が多いようでした。パンフレットもこのルビーだったので推し商品??ウィンターさんは目を引くような鮮やかな発色が得意なのでお似合いになるものが多そう!

Mはマット。マットだけど内側から光が滲み出るそうです。私は正直あまりマットな質感が好きではなくて・・・春くらいに流行ったシャネルのマットな赤も私にはダメだった。どうしても唇の縦じわが目立つし。唇、髪の毛、爪って健康的なツヤがある方がその人が綺麗に若々しく見えるとお思います。マットな口紅が流行りの時には付けるだけでお洒落な感じがするのでしょうがやっぱり苦手・・・オータムさんとか骨格ナチュラルさんはマットな質感が似合いやすいので何本か好きなものを持っておくのも良いと思います。型番にはそれぞれのパーソナルカラーに似合いそうな発色がそれぞれありました。

DMはドラママット。Mタイプよりも質感はさらにマットでいて、発色も鮮やかです。ウィンターさんがマットな質感を出したい時にも良さそうな色がありました。

お客様は写真左からS264、C124、C170試してC124を購入されました。一番めのS264も可愛かったですが、当日につけられていたカラーと似ていたり、もう少しオレンジ寄りの色がお似合いになりそうだったので試していただくとすごくお似合いでした。C170はクリーミーでコーラルオレンジっぽい色。お客様ご自身も「三丁目劇場になる〜!」と言ってしまうほどお似合いになりにくいカラーでした。
image4-81_コピー

ちなみにカテゴリは全部ローズ色だったので、ローズ色はブルベのものということはないです。商品名につける名前はメーカーが独自で決めているのでローズと書かれても気になったら試してみて下さいね♪( ´▽`)


試しにお客様と同じ色を私も付けてみましたが、私の方がオレンジ色リップはまだ許容範囲でした。この日私がオレンジカラーのアイメイクをしていたので統一感があるように見えたのも要因だと思ったりしました。コスメは自分の肌にダイレクトに色を乗せるし、元々の唇の色なども関係してくるので似合う色は洋服以上に個人差があると思います( ´▽`)不思議ですね〜!

ですので「〇〇タイプだったらこのコスメが似合う!」とは一概には言い切れないのです。このように同じ診断結果だとしても、個人が持っている色素などにより似合う色の領域は人それぞれとなりますよ!オレンジ色がちょっと苦手だ・・・と感じているスプリングさんはセカンドカラーを調べて見るのも良いかもしれませんね♪


 
2019年11月27日 16:30

コメント一覧

  • 投稿されたコメントはありません

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

モバイルサイト

イメージコンサルティングサロンcarat(カラット)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら