パーソナルカラー診断・骨格診断ならイメージコンサルティングサロンcarat

パーソナルカラー診断・骨格診断であなたの魅力を最大限に引き出すお手伝い

ホームcaratブログ ≫ 好きな理念や考え方 ≫

好きな理念や考え方

image3-75
こんにちは。中許 実可子です。

最近素敵だと思ったコンセプトや理念を2つ見つけたのでシェアさせて下さい。

1つ目はロンハーマンの理念「ファッションとは愛にあふれ、刺激的で楽しく、自由であるべきだ」ロンハーマンHPより引用

とっても好きな理念の1つです。「似合うものと好きなものは違う。似合う物を身に付ける事で確実に垢抜けます」という考え方は実はあまり好きではありません。
パーソナルカラーや骨格診断を受けると似合うものばかりで固めてしまい、お洒落のバリエーションが減ってしまうのではないか?と心配される方もいると思います。そうなってしまうのは教わったアドバイスを鵜呑みにしてしまうからだと思います。勿論、お洒落に時間をかけるよりも、もっと大事な事に時間をかけていきたい方はむしろ鵜呑みにしてしまうくらいでも良いかと思います。役員の方など外見に気を配る必要はあるけれど仕事に没頭したいし、仕事でのお洒落とプライベートのお洒落を完全に割り切って考えている、とか、お洒落でいたいけどそこまでお洒落に関心がなく全てお洒落に関わるものは誰か信頼している方に選んでもらいたい、とか。もしかするとそのような方はバリエーションが減ったとかで不満を抱かないかもしれませんが、趣味としてお洒落を綺麗に楽しみながら生きていきたい方にはバリエーションが減るのは問題になってくるでしょう。


自分をどういうキャラクターにしたいのか、どういう風に在りたいのかを念頭に置くことが出来たならば、パーソナルカラー診断や骨格診断の結果を自分流にアレンジすることが少し容易になってくると思っています。その為には、プロから得た情報を鵜呑みにするのではなく能動的に使いこなしていこうという意識が大切だと感じています。〇〇タイプだからこういった色やアイテムが似合いますという教科書的な使い方だけではなく、もっと肩の力を抜いて楽しくお洒落を楽しんで欲しいというのが私の主張です。そんなことを考えていたもんなので、ロンハーマンの「ファッションとは愛にあふれ、刺激的で楽しく、自由であるべきだ」には感銘を受けてしまったわけです。

実際にロンハーマンのお店はどの店舗に入っても心がワクワクとします。型にハマっていないエネルギッシュな感じがします。それでいて質が良い素材のアイテムが多いのである程度の年齢を迎えた大人にはもってこいです。

もう1つは化粧品ブランドのCHICCAの考え方。長いですが以下、ちょっと紹介させて下さい。

あなたらしい美しさを。
きれいになりたい。その本当の意味を知っているから、キッカは”インビジブルメイク”をご提案しています。仕上がりは、素肌のように自然。けれど確かに、顔立ちが美しく魅力的に感じられる・・・。「別人みたい」になるのではなく、「あなた」がきれいになるためのメイク。素肌美に満ちた艶肌に、顔立ちを引き立てるポイントメイク。あなたらしく、艶めき、ときめく毎日を。CHICCAのHPより引用


メイクをする時やお洒落をする時もその人の良さは活かしながら、なりたいイメージに近付けたいと思うのでこの考え方にも心が動きました。

それから同じくCHICCAから頷きたくなるような記事を見つけました。
「私はブルベ肌だから黄み系の色は似合わないの」。「診断でイエベ肌って言われたから、チークはオレンジ系を選ばなきゃ」

――――――近頃巷でよく耳にする“ブルベ肌・イエベ肌問題”。こんな風に肌の色みによって自分に似合う色を決めつけてしまうことは、あまりにももったいなく悲しいとCHICCAは考えます。イエベ肌・ブルベ肌の呪縛にとらわれずにメイクを楽しみ、美の可能性を広げるために。CHICCAのブランドクリエイターでもある、メイクアップアーティストの吉川康雄さんに話を聞きました。

「自らの肌の色みを知ることは、化粧をする上で必要なことです。 今のビューティシーンに蔓延している イエベ肌、ブルベ肌の考え方で問題なのは、 自分の肌色の同系色だけを「似合う」と決めつけ、 他の色は「似合わない」と排除してしまう傾向にあること。 

自分の肌の色をイエベorブルベに分類し、 同系色のシャドウやチークを使えばたしかに色はよくなじみますが、 それがイコール素敵なメイクになるとは限りません。 ブルベ肌にイエベカラー、イエベ肌にブルベカラーの反対色を合わせることで、 そこにはコントラストが生まれ、互いの色みを引き立てあう。 肌に同化する色、際立たせる色を巧みに使い分けることで、薄づきでもその色の雰囲気を美しく印象づけるメイクができるのです。 

たとえばイエベ肌の場合、まなざしはなじみ色で仕上げつつ、 チークは反対色の青みのピンクをつければ、 ごく少量で効果的に肌の透明感を呼び覚ますことができます。 逆にブルベ肌に反対色のピーチオレンジ系のチークをつけたなら、 さりげなく柔らかな表情に魅せられるはず。 

あえてのミスマッチな色合わせがときにメイクの魅力を引き出す ビューティスイッチになるのだと、今ここで胸に刻んでおいて下さい!」 
そのケミストリーのためには色が肌から浮かないことが大前提ですから、CHICCAのコスメはすべて発色の妙に心を砕いてつくられています。言い替えればそれは元の肌の色みに関係なく、色の持つ表情そのものを自由に楽しめるということでもあるのです

大切なのは自分の肌の色みを理解したうえで、目指す女性像やスタイルに合わせて自ら色を選び、意志を持ってつけこなす“知性”。それが他の誰とも似ていない、あなただけの輝きになるはずです。CHICCAのHPより引用


正に私が伝えたかったことが集約されていたので紹介させていただきました。
勿論、自分の基礎となる強みの部分や肌については理解した上でイエベ&ブルベに縛られすぎず分の意思を持って選ぶことが大切だと私も思います。

image4-63_コピー
↑優香さん。オータムタイプと予想で診断されています。こんな個性的なファッションでも肌の色と服の色がきれいに調和していて素敵に見えます。

image2-88_コピー image3-75
↑イエローベース、骨格ウェーブの私がカツラユミブライダルサロンにてブルーベースの色がたくさん入ったドレスを試しているところ。
私は骨格ウェーブでもストレートっぽい要素もあり、小花柄よりもちょっと大きめの柄が似合うと思います。色もパーティーに着用するなどの目立つ、際立つ目的では良いと思います!!


そんな事言ったら、パーソナルカラー診断や骨格診断なんて要らないじゃないかっていうお話になりますが、自分の根っことなる部分を理解する(得意な見せ方)
為に在る診断だと思っています。自分の知らない自分を知る事でより前向きに、楽しく取捨選択できる人生は素敵だと思います。
パーソナルカラー診断や骨格診断は「1度受けたらもう受けなくて良いですよ」というものが多いですが、それなりに自分で能動的に選べるようになるには、ある程度の時間や練習が必要だと思います。(勿論、診断を受けただけで劇的に自分で手に取るものを選べるようになる人もいます)

caratでは自分のパーソナルカラータイプ、骨格タイプがわかった上で【より理想な自分に近付くにはそうすれば良いのか】を一緒に考えながら練習をするためのメニューを作っているところなので、能動的に自分で選べる暮らしにシフトしたい方はお使い頂けると嬉しいです。


パーソナルカラー診断に関して余談ですが、これは似合いませんよ。という色でも配色や濃淡によって絶妙な違和感が逆にお洒落に、引き立ててくれる事もあります。パーソナルカラータイプではないけれど、似合いそうな色や配色に関してインスタグラムに掲載しているのでもし良かったら遊びに来て下さい(^ ^)
caratのインスタグラム
image1-109_コピー



本日もお読み頂き有難う御座いました♪
 
2019年08月18日 13:00

コメント一覧

  • 【このコメントは承認待ちです】

    2019年09月05日 15:12

コメント投稿フォーム

投稿者名
タイトル
メールアドレス(非公開)
本文
 

サイドメニュー

モバイルサイト

イメージコンサルティングサロンcarat(カラット)スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら